オープニング施設に転職するメリット・デメリット

オープニング施設に転職するメリット・デメリット

2018/8/2 更新

オープニングスタッフってどうなの?

オープニング施設に転職するメリット・デメリット

介護施設は古くからあるところもありますが、新しくできたばかりの施設もあります。新しくできた施設の事をオープニング施設といい、当然人員は新しく募集されるので転職の際は狙い目の転職先となります。オープニング施設に転職することで生じるメリット・デメリットにはどのようなものがあるでしょうか?

 

オープニング施設に必要とされる人材は?

オープニング施設の場合、建物が新しいため人員も新人が多いイメージがあるかもしれません。

しかし、まったく未経験の新人ばかりというわけにもいきません。新人ばかりを集めてしまうと、何かわからないことがあった時に教えてくれる人がいないので困ってしまいます。

オープニング施設では1から人材を集めるため、募集人数はとても多くなりますが、転職者やしばらく介護士から離れていた人、新人の区別なく採用されます。

また、施設には責任者も必要となり、施設の種類によっては生活相談員などの配置も必要となります。

介護福祉士や社会福祉士、ケアマネージャーなどの資格保有者であれば特に優遇されるでしょう。

しかし、オープニングスタッフは人気が高いので、倍率は決して低くはありません。

その中で特に採用につながるポイントとしては、様々な場面に対応できるような柔軟性を持っていることです。面接に挑む際には、自分が持つ柔軟性についてアピールするといいでしょう。

オープニング施設に転職するメリットは?

それでは、オープニング施設へと転職することにはどのようなメリットがあるのでしょうか?

まず、新しい施設ですから建物も新しく、設備も最新のものが多いため気分よく働くことができます。

介護施設はかなり古い建物も多く、薄暗いものや長年においがしみついていることもありますが、最近の施設は採光にも気を配っていて明るいものが多く、さらに介護士の負担を減らすような設備や工夫が多くみられるため、腰痛などのリスクも起こりにくくなります。

また、オープンしたからといってすぐに満床になることはあまりありません。

そのため、利用者が少ない状態からのスタートとなるので働き始めから負担が大きいということは少なくなります。

介護士も多めに雇用される傾向があるため、多くの人員で分担して仕事ができるので1人当たりの負担はさらに少なくなります。

オープニング施設なので人間関係などはまだできておらず、真っ白な状態からスタートするのもメリットです。

介護士が悩む原因として人間関係の悩みが多くを占めており、特に人間関係が既に出来上がっている職場では後から入り込むのが難しい場合もあります。

オープニング施設は1から人間関係を作っていくところなので、最初から馴染みやすい環境となり働きやすく感じることが多いでしょう。

さらにこれまでの実績がないので、職場のルールなどは最初から決めていくこととなります。

ベテラン介護士の意見を聞きつつ、自分たちでルールを決めていくのは達成感もあり、すでに出来上がっているルールを聞き入れるよりも納得してルールを守ることができるでしょう。

このように、オープニング施設への転職には様々なメリットがあります。

オープニング施設に転職するデメリットは?

それでは反対に、デメリットとなることもあるのでしょうか?

オープニング施設のスタッフの仕事は、まず利用者集めから始まることがほとんどです。

チラシを配ったり地域の各戸に訪問して勧誘したりと、通常の介護士は行わない営業のようなことも必要となります。

施設によってはチラシも自分たちで作成するので、そうした経験がある人は頼りにされて特に忙しくなるかもしれません。

さらに、場合によってはスタッフが予定人数を下回ったままオープンするかもしれません。

採用したけれど、前の職場を退職する日程の関係で数日遅れてしまう人がいる場合などです。

そうなると最初からいる人員で遅れているスタッフのフォローをしなくてはならないので、自分の担当していない業務も行わなくてはいけない可能性もあります。

オープン直後というのは問題点を洗い出すためにちょうどいい時期なので、業務が終了してからミーティングを行う機会も数多くあり、残業が増える場合もよくあります。

業務マニュアルがある場合はその内容の修正、なければマニュアル作りなどもその中に含まれるので、その場合はさらに終業時間が遅くなっていくでしょう。

そうでなくても不慣れなスタッフが多いと後片付けなどに多くの時間を取られてしまうため、業務時間は長めとなる傾向があります。

オープニング施設で働く際は介護以外の仕事も増えるため、介護士としての仕事だけ行いたい、という人にとってはデメリットとなることも多いでしょう。

まとめ

オープニング施設は特に人間関係の悩みを抱えている人の転職先としてはちょうどいいでしょう。

しかしいつでもあるわけではないので、タイミングが合った時はすぐに転職の準備をしなくてはいけなくなります

また、きれいな職場で気分よく働きたいという人にもおすすめです。

その一方で仕事内容は通常の介護施設に比べて多岐に渡るので、介護士としての仕事に集中したいという人は避けた方がいいかもしれません。

しかし新しいことにチャレンジしたい、という人は積極的にオープニング施設への転職を考えましょう。