履歴書を書く際の基本的なルールこうだ

履歴書を書く際の基本的なルールこうだ

2018/8/22 更新

基本を押さえておこう!

履歴書を書く際の基本的なルールこうだ

介護士の履歴書作成は、面接に繋がる大きなアピールとなります。 いくら自分の人柄、介護士としての経験に自身があったとしても、面接に結びつかなくては意味がありません。 そして、履歴書の基本的なルールを知ることは、他の介護士との差をつけるために、1番最初に取り組まないといけないことです。 介護職ならではの履歴書のルールを押さえ、面接に繋がる履歴書を意識しましょう。

 

用意している履歴書は介護士の転職に向いているものか

まずは、選択する履歴書の種類から説明します。

履歴書の種類と言っても、ある程度フォーマットが似ているものが多い中で、どんなものを選ぶのがいいのでしょうか?

資格を多く取得している方は、資格の欄が大きい履歴書を選びましょう。

自分が武器にしたい資格が多くあるにも関わらず、資格を書く欄が少ないと、どれかに絞らなくてはいけなくなってしまいます。

それでもし、書類選考に落ちたり、面接で採用されなかったときに、「あの資格をアピールできれば・・・」という後悔の気持ちが芽生えてしまうと、もったいないですよね。

自分のアピール、そして志望動機をしっかり書きたいという方であれば、自己PR、志望動機の欄が大きい履歴書を選択しましょう。

そして、介護士の履歴書は、基本的に手書きが好ましいとされています。

自分で書いた字で、自分の気持ちをアピールした方が、介護士としての人間性をアピールしやすいためです。

また自分で、オリジナルのフォーマットの履歴書を作成し、それを使用する方もいますが、介護士の転職では、あまり好ましくないでしょう。

パソコンで履歴書を書くのが好ましくないので、履歴書も市販されているものの方が自然でしょう。

道具の選択にも細心の注意を払う

次に、履歴書に関する道具について説明します。

履歴書を持参するとき、もしくは郵送するときですが、履歴書を折るのはNGです。

使用した履歴書を、折らずに入れることができる封筒を選びます。

シワがついてしまったりすると、せっかく履歴書がキレイに書かれていても、どうしても見栄えが悪くなってしまいます。

面接の場に履歴書を持って行く際は、封筒またはクリアファイルに入れて持って行きましょう。

この時も、履歴書にシワが入らないように注意しましょう。

もう1つは、氏名の欄などに押す「印鑑」です。

印鑑は、なるべくシャチハタではなく、朱肉を使う印鑑を使用しましょう。

押印するときに、ズレがないように、そして滲まないように注意します。

こういうところをしっかりケアするのも、介護士に必要な要素に繋がってくるのです。

履歴書を書く筆記具は、黒のボールペン、または万年筆がオススメです。

しっかり丁寧に記述して、介護士として働きたいという気持ちを、しっかり字に込めます。

青のボールペンでも構いませんが、全体的に青で書いている介護士は、割合が少ないです。

もし途中で書き間違えても、修正液・修正テープを使うことは絶対NGです。

そういったところを見せると、「手を抜かない介護士」という印象を与えるのは、難しくなってきます。

間違いを防ぎやすい方法として、鉛筆やシャーペンで下書きするという手段もありますが、それよりももっと効果的なのは、「見本の履歴書を用意する」ということです。

この見本の履歴書は、パソコンで作成しても構いません。

あらかじめ書く項目がきっちり整理されているものを横に置いて、それを見ながら書いていけば、書き間違いが少なくなります。

あまり知られていないマナー違反と表現方法

そして、履歴書でやってはいけないマナー違反を知っておきましょう。

履歴書の志望動機の欄に、もし「御社」という書き方をしている方がいれば、それは間違いです。

「御社」というのは、確かに面接先の企業を敬った言葉ではありますが、面接の際に、言葉に出して使う言葉が、「御社」で、履歴書に書く際は、「貴社」と書きましょう。
これは以外と知られていない、履歴書でのマナー
です。

そして、介護士は病院の面接を受けることもあるかと思います。

そのときは一般企業に対して使う「貴社」ではなく「貴院」と書くようにしましょう。

そしてもちろん、履歴書の使い回しはNGです。

例え同じような職場で、同じような内容になってしまうところに面接に行ったとしても、企業名だけを書き換えたような履歴書は、使わないようにします。

内容がほとんど同じでも、少しでも違う言葉で、1から履歴書を作ってください。

そして、書類選考に通った後は、面接が待っています。

面接の際は、自分が提出した履歴書を見ながら、面接官と面接を進めていきます。

その面接に臨む前に、履歴書の内容に沿った受け答えができるように、「提出した履歴書のコピー」を、事前に用意しておきましょう。

自分が書いた内容とちぐはぐな受け答えになってしまうと、誠意が伝わらないどころか、自分で書いたものかも疑われる原因になります。