ホームへ戻る

カテゴリー

新着記事

ここ1ヶ月間の人気の記事

サービス内容は?費用は?

介護付有料老人ホームを解説

介護付有料老人ホームを解説

有料老人ホームには大きく分けて3種類あり、介護サービスの有無や介護度にあわせて選ぶことが大切です。本記事では、介護付有料老人ホーム(介護型)について、施設の内容や費用、メリット・デメリットについて詳しく解説します。

有料老人ホームの種類

まずは、有料老人ホームの種類について、簡単にご説明します。

介護付有料老人ホーム(介護型)

都道府県から介護保険制度上の「特定施設入居者生活介護」の指定を受けている高齢者施設です。食事や洗濯、掃除などの生活支援、排泄や入浴などの身体介護のほか、機能訓練やレクリエーションなどのサービスが受けられます。介護保険の認定介護度によって費用が決まる定額制になっています。

住宅型有料老人ホーム

食事や洗濯、掃除といった生活支援サービスが受けられる施設です。身体介護サービスはないため、要介護になった場合は、外部の在宅介護サービス事業者と契約する必要がありますが、デイサービスや訪問介護事業所が併設されているところも多いようです。

健康型有料老人ホーム

自立している高齢者が対象の施設で、家事のサポートや食事サービスがついている施設です。長く健康でいることを目的としているため、温泉やスポーツジムといった設備があることが多いようです。

ここからは、介護付有料老人ホーム(介護型)について、その費用や内容をご紹介します。

費用について

民間企業が運営しているため、料金設定は低額から高額までさまざまです。介護費用以外にも、居住費や食事などの費用がかかります。

入居一時金

入居一時金を必要とするホームが多いですが、なかには不要のところもあります。入居時に一定の金額を入居一時金として支払い、その後は、平均寿命などから「想定居住期間」を設定し、居住費などに充当していく形が一般的です。

また、ホームを退所する場合は、老人福祉法によって短期解約特例や月々の充当金に応じて返金されます。この返金額はホームによって違いがありますので、入居を検討する際には、事前に確認しておきましょう。

月々の費用

居住費や光熱費、管理費、食費などです。施設により10万円程度から数百万円まで、かなり開きがあります。入居時一時金を支払っている場合は、そこから家賃等に充当されるため、月額費用は安くなります。

高額なところだと、イベント食などでフルコースが出たり、オーケストラによる音楽会が開かれたりするなど、娯楽に力を入れていることがあります。また、有料のオプションサービスを設定しているところが多くありますので、後に説明します。

介護保険費用

入居するホームによって、加算や減算などがありますので、おおよその金額となりますが、1割負担の場合、要介護1で約1万7,300円/月、要介護5で約月2万5,000円/月がかかります。現在では、介護一部負担金が、年金や資産に応じて個々に設定されているため、1~3割負担となっており、負担割合は介護保険証に記載されています。

介護保険が適用できるサービス内容は、国で決められています。例えば、トイレ介助や入浴介助、食事介助などです。生活するうえで、必要最低限の介護の提供と考えればわかりやすいです。
また、通常は介護付き有料老人ホーム内のサービスのみを利用しますが、外部の介護保険サービスを利用する場合、必要に応じて費用を支払わなければならず、介護保険で定められている限度額を超えた分については、全額が自己負担となります。

有料オプションサービス費用

医療機関外のマッサージ店などへの付き添いや、嗜好品などの買い物への付き添いなど、介護保険では受けられないサービスを指します。全額自己負担となり、施設ごとに細かく料金設定されている場合や、定額の場合があります。

費用例

要介護2・負担割合1割・75歳の方が1人で入居する場合

施設名 入居
一時金
月額 介護保険
一部負担金※
オプション費 その他
アリア文京本郷 3,050万円 20万円 約2万円 9万7,000円 個人のおむつ代
医療費
嗜好品購入費等
グッドタイム
リビング
芝浦アイランド
2,996万円 25万3,000円 約2万円 4万9,000円 介護サービスに係る費用
消耗品(オムツ代等)
医療費
嗜好品購入費
寝具購入費等
アライブ
世田谷下馬
463万円 28万1,000円 約2万円 7万円 おむつ代
おやつ費
理美容サービス費等
その他1時間1,620円から
介護付
有料老人ホーム
パッセオ
290万円 14万6,000円 約2万円 記載なし おむつ代
通院介助費
洗濯費
特別食費
理美容サービス費
買い物代行費等
和み伊奈 なし 10万2,000円 約2万円 1万5,000円 医療費

※介護保険一部負担金は地域差があります。
みんなの介護施設検索より抜粋)

介護付有料老人ホームの選び方

費用、待遇、立地など、利用者や家族によって、ホームを選ぶ優先順位はさまざまだと思います。そこで、ここではホーム選びでとくに気をつけたい点をあげていきます。

費用の注意点

パンフレットをみて安いと思っていても、実際に入居したら想定外の金額を請求されることがあります。これは、パンフレットに記載されている金額は、最低金額であることが多いためです。

入居一時金を支払う場合、家賃に充当されることが多いですが、償却金額が月いくらなのか、償却終了後にさらに支払う必要があるのかを事前に確認しましょう。
また、そのほかの費用についても、限度額の有無や月々の預け金がある場合がありますので注意してください。

待遇の注意点

見学に行く場合は、食事時間に重なるように行くことをおすすめします。どういった食事が提供されているかを確認することができますし、スタッフの食事介助の仕方など、実際の介護を見ることができます。

食事だけでなく、入居者へのスタッフの声かけや、施設の備品などもチェックしましょう。パンフレットには、きれいに映るよう工夫されていることが多く、実際に直接見ることはとても重要です。

また、夫婦での入居を考えている場合は、2人部屋があり、広さはどれくらいあるか、別々の部屋になるのか、などを確認してください。何も置いていない部屋は広くみえますが、介護用のベッドなど大きなものを置くと、実際に使用できるスペースは限られてきます。できれば、施設スタッフにベッドを入れてもらうなど、入居したことを想定して見学できるとよいでしょう。

医療対応の注意点

胃ろうや透析、感染症などの受入れ可否も大事な確認ポイントです。入居後、施設内で医療対応できなければ、退去せざるを得なくなる可能性もあります。入居時だけでなく、その後の生活も想定し、慎重に確認してください。

立地の注意点

入居者本人が買い物が好きであれば、近くにスーパーがあるのか、また散歩コースはあるのかなど、スタッフに確認しておきましょう。

家族が自動車を利用している場合は、駐車場の有無も確認してください。公共交通機関を利用する場合は、所要時間を確認し、緊急の場合はどうするかを決めておきましょう。

所得によってうけられる控除

最後に、介護付有料老人ホームに入居して受けられる控除について、ご説明します。1年間の医療費と介護費の自己負担が著しく高額になる場合、世帯収入や個人収入に応じて、高額医療・高額介護合算療養費制度が申請できます。おむつを使用している場合は、医師に「おむつ使用証明書」を書いてもらえば、医療費とすることができます。

ホームによってかなり特徴や違いがありますので、入居者や家族にあったところを、余裕をもって選ぶことができるように、早めの下調べをおすすめします。